• ホーム
  • 品川区のタワーマンション賃貸が熱い!

品川区のタワーマンション賃貸が熱い!

都市再開発計画が目白押しの首都東京の中にあって、品川区は2020年の東京オリンピック開催に向けて活発な都市再開発計画が進行しており、ますます国際色豊かになりつつあります。

2017年にはJR山手線において、品川駅と田町駅間で新駅が開設されることが発表されており、さらに脚光を浴びることになっているのです。2020年の暫定操業を目指して建築が進められており、駅と街の一体的な街づくりが行われています。ターミナル駅の品川駅には、JR東日本や京浜急行など6路線が乗り入れており、周辺には3本の高速道路も走っているのです。都市再開発は品川駅を中心に展開しており、複数の計画や取り組みが同時に進行中です。駅西口では国道15号の拡幅にあわせて、道路上空を民間事業者が利用することを可能にする、“立体道路制度”を活用し、駅前の国道15号上空に大規模な広場を作り、道路で分断された商業施設同士や駅との一体化を進めるプロジェクトも進行しています。

品川駅には各社の私鉄が乗り入れて、交通アクセスが良好なことで多数の乗降客などの人の移動が活発になっています。人の流入が盛んなことで、百貨店や専門店なども高い売上を見込めるので商業施設の新設などが相次いでいるのです。
品川には品川駅を中心に、豊富な路線乗り入れがあるので東京23区はもちろん、どこへ赴くにも玄関口の役割を担っているので観光客も集まります。

都市再開発の重要なピースとして、タワーマンションの建設も相次いでいます。人が集まるので商業施設も充実し、各社路線が乗り入れる品川駅近辺を中心に、タワーマンションが増加しているのです。買い物に出るにも便利で交通アクセスが充実しており、専有部分だけでなく各種の共用設備もそろっているので、住みやすさを実感することができます。分譲タイプだけでなく賃貸タイプのタワーマンションもあるので、品川のタワーマンションに生活の本拠を構えることは、従然よりはそれほど困難ではなくなりつつあるわけです。

タワーマンションならではの住みやすさと買い物の楽しみなど、洗練された都市生活を毎日堪能することができるのが、賃貸人気も高くなっている理由の一つと言えます。充実した商業施設や東京ベイエリアに近いこともあり、観光目的としても魅力的な品川区。都市再開発が進み、さらに居住性も高く生まれ変わりつつある状況にあって、魅力的なタワーマンションの賃貸物件の人気は高まるばかりです。

関連記事