• ホーム
  • 善管注意義務をしっかり守ろう!

善管注意義務をしっかり守ろう!

部屋について質問する夫婦

賃貸物件で生活をするときに、常に気にかけて欲しいのが善管注意義務違反を犯すことがないようにすることです。

善管注意義務とは民法の債権編・第400条において規定されている義務のこと、善良なる管理者の注意のことをさしています。
部屋を賃貸で借りるということは、賃料や敷金・礼金などを支払う義務(債務)を負っているだけに尽きるものではありません。部屋自体はもちろんのこと、備え付けのキッチンやエアコンなども正しい使い方を遵守して丁寧に設備機器類も使用する債務も負っていることになるのです。

善管注意義務は民法上賃借人が負っている法的義務になるので、違反すると損害賠償責任を負担することになったり、最悪の場合は解除を言い渡されて退去の憂き目にあうこともあり得るのです。

具体例を挙げれば、退去時に還ってくる敷金の金額をも左右します。敷金とは入居時に賃借人が賃貸人(家主)に対して交付する金銭などのことで、賃料の支払いを担保する趣旨で交付することになります。敷金をめぐっては退去時に、家主と借主との間でトラブルになることが多くガイドラインが策定されているほどです。いずれにせよ備え付けの器具の使い方などを遵守し、特にトラブルや家賃延滞などをかかえていない限り、退去時には全額が家主から借主に返還するべき筋合いの金銭です。ところが乱暴な使い方をする用法違反や、通常の損耗ではなく破壊するなどの行為を働くことは、借主が負っている善管注意義務に違反することになるのです。

その結果、用法違反等の善管注意義務違反に基づく損害賠償責任が発生し、敷金と相殺されたり、それでも足りない場合にはハウスクリ-ニング費用や修理費用などの支払いを請求される可能性がでてきます。
ところが備え付けの機器や設備に不具合などがあることが入居後に判明しても、原因が何で、誰が責任を負うべきなのかを容易に証明するのは困難です。入居後は設備機器の丁寧な使用を心がけるのはもちろんですが、引渡しを受けたときに写真を撮影しておくことが大切です。
仮に床や壁面などにキズがあったり、設備の破損などがみられても後日の証拠に残すために、引渡し時に写真を撮影しておくことで、入居時にはすでに存在していた不具合などの事情を客観的に証明することが可能になります。善管注意義務は、民法債権編で規定されている法的義務です。部屋の備え付けの器具などは用法を遵守して、後日に損害賠償などを請求されることのないように注意を払って生活することが必要です。

関連記事