• ホーム
  • 西日向きの賃貸は本当に損をする?

西日向きの賃貸は本当に損をする?

マンションの受付

賃貸マンションで部屋探しをするときに、誰もが気にするのが窓がどちら向きになっているかという問題です。賃貸物件で東西南北の方向が記載されている場合、窓のある部屋が日中どちら向きの日差しがあたるのかを表しています。西向きという記載になっていれば、窓のある部屋が西を向いていると言うことになるわけです。

方向のなかで人気が高いのが、南向きで東向きがそれに続き西向きは一番の不人気な傾向があります。南向きが人気が高いのは、日中の日当たりのよさと日照時間が長いので屋内が明るくなるためです。これに対して、西向きでは午後から夕刻にかけて、西日の日差しが入り込んできます。

日照時間で比較すれば、南向きには及びませんが夏場などの季節によっては、日中最も気温が高くなるときに西日が入り込んで高気温に悩まされることが珍しくありません。とりわけ夏場の西日は強烈な日差しになるので、日照時間の割には高気温になる傾向があります。もっともどこまで高気温になるのかは季節も関係しますが、西日だけの影響ではなく日中に建物に蓄積された熱が屋内に放熱されるなどの事情も関係しています。建物に蓄積された熱エネルギーのコントロールは難しいので、窓から差し込んでくる日差し対策をとることが効果的なアプローチになります。
西向き物件の西日対策としては、遮熱カーテンの設置です。遮熱カーテンは熱や光を遮る効果が強いので、西日による高気温を緩和することができます。一般的なカーテンよりは割高ですが空調費の節約の観点からもおすすめの対策のひとつと言えます。

夏場の暑さが、西向きではさらに過酷になる傾向にあることは否定できません。例えば10年以上使用しているような旧型のエアコンでは、空調効率は新世代のものに比較すると、大きなスペックの違いがでてきます。引越しのときに10年以上使用しているエアコンがあるなら、新居では買い換えた新型のエアコンを設置するのが、おすすめです。

また窓ガラス自体に日差し対策を施す方法もあります。それはガラスフィルムを貼り付けるというものです。ホームセンターなどでも販売されていますが、遮熱性や遮光性などをもった薄いフィルムを窓ガラスに圧着させることで、屋内の高気温を緩和を目指すというものです。ただしホームセンターで販売されているガラスフィルムは、おおむね1年程度で寿命を迎えることになるので、年一回程度の貼り替えが必要になります。西向き物件も日差し対策をすることで、夏場の暑さをコントロールすることが可能です。

関連記事