• ホーム
  • 賃貸情報サイトの比較は何故必要?

賃貸情報サイトの比較は何故必要?

女性に部屋を紹介する男性

賃貸物件の部屋探しを始めるにあたって、最近では情報収集の端緒になることが一般的になっているのが賃貸不動産サイトに登録して検索するという方法です。情報サイトには広告料収入を原資にサイト運営されているサイトもあれば、不動産管理会社が自社で紹介している物件を掲載しているサイトや、情報サイトの物件情報を二次掲載しているポータルサイトまで色々なスタイルが存在しています。

運営主体が異なるので得意な分野や、独自の切り口で情報を収集するなど、それぞれに特徴があります。多くのサイトではキャッシュバックや仲介手数料お値引きなどの、サービスやオプションを提供しています。
部屋探しを実践するには、引越し費用や入居時の一時金などまとまったお金が必要になるので、懐に優しいサービスを利用することで、経済面でもリーズナブルな部屋探し実践することができるのが大きな魅力です。
賃貸情報サイトに登録したら、賃料や建物の種別・面積などの基本条件で検索をかければ、条件にヒットする物件が紹介されます。あとは敷金礼金やペット飼育の可否などの、それぞれのこだわり条件で詳細な検索を加えれば、おおむね希望にそった情報を容易に入手できます。

しかしここから先は注意が必要で、不動産会社の問い合わせ時の対応では見極めるべき部分があります。当然のことですがおざなりな対応なら、トラブル発生時の対応力にも不安が出てきます。
取り返しのつかない失敗を防ぐには、おざなりな対応であればその段階でダメと見極めることが重要です。わざわざ情報サイトで検索して、問い合わせというコンバージョンを得ているのに、挨拶ひとつで対応力に疑問符のつくサイトや不動産会社などは、相手にしても時間の無駄になるだけです。

また不動産情報サイトでよくあるトラブルに物件情報に記載されている内容と、実際の状況があっていないというものがあります。これはサイト運営における分業体制がしかれている場合は、記載する情報を入力する部署と、物件を調査する部署で意思疎通が図れていない可能性があるのです。過度な分業はスタッフ同士のすれ違いも起こりがちで、顧客対応においても情報のやり取りのすれ違いなども起こり、時間の無駄になることも想定されます。重要なのはひとつのサイトだけを利用するのではなく、複数の情報サイトに登録して結果を比較することです。同一物件が掲載されていても、問い合わせ時の姿勢なども含めて比較することで、部屋探しで失敗することを回避することができます。

関連記事